« | »

2009/09/30 (水)

夏合宿に行ってきました

遅れてしまいましたが夏合宿に行ってきました。

二日目・三日目とがっつり練習し「ケツがいてぇ」(某氏・談)とのことでしたが、各々何か得たところがあれば幸いだと思います。

一年生はレセプションの洗礼を受けましたが、なかなかどうして面白かったです。定演・卒演に期待。

差し入れくださったOB・OGさんにはここで感謝申し上げます。果物やお酒はおいしく頂きました。

写真等は後日UPする予定です。

9月も今日で最終日。明日から大学も後期が始まり、定演まで残すところ2か月を切りました。

世間では新型インフルエンザが流行していますがウイルスに負けずやっていきたいです。

Trackback URL

Comment & Trackback

納品の遅れている作曲者です

合宿、みなさん無事帰った様で何よりです
写真up、楽しみにしています

さて
るいちゃんに頼まれた「かたかご揺れる」曲目解説ですが、彼女にもらったアドレスに
どうしても届かないので、スミマセンがこちらに貼らせてもらいますね
もし長すぎる様で有れば、校正するのでメール下さい
==================================================
かたかご揺れる(2004・2005)

「かたかご」は、ユリ科の野生植物、カタクリの古語。
早春の森の中。樹々の若芽もまだまばらな、ごく短い季節に、驚くほど色鮮やかな
ピンクの花で林床を彩り、そして速やかに姿を消してしまうカタクリ。
「スプリング・エフェメラル=春の儚き命」とも称される可憐な彼女たちには、
しかし、時に10年以上にも及ぶ、地道で逞しい生活史がある。
本曲は、この「カタクリ」をモチーフとして、2004年に作曲されました。
オリジナルはマンドリン1・マンドラ1の二重奏曲ですが、本演奏会では、
マンドラ3・マンドロンチェロ1・コントラバス1の、スペシャルアレンジで
お届けします。

 もののふの 八十をとめらが汲みまがう 寺井の上のかたかごの花(万葉 大伴家
持)

今回の合宿では練習中の写真が撮れなかったので、練習している1年生たちや2,3年生の姿を見せれなかったのは少し残念ですね・・・。
なお、かたかご揺れるの件ですがしっかりとるいさんに伝わりましたことを報告しておきますね。
忙しい中、合宿中の差し入れありがとうございました。大変おいしかったです。

Comment feed

Comment





コメントでは以下のタグが使用可能です:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>