足跡掲示板

何かありましたら遠慮なくどうぞ

Comments (28)

Comment & Trackback

Trackback are closed.

てすと 😯

外部から足跡つけさせてください。足跡と一緒に質問も。
答えていただけるとありがたいですm(__)m
マンドリンのピックって帯広に売っていたりしますか?
みなさんはどこでピック購入されてますか?

はじめまして!
書き込み&質問ありがとうございます。

現在当サークルではピックはイセキ楽器さんで購入しています。
自衛隊坂を下った先の、柳月のトスカチーナの近くです。
ただマンドリンを専門に扱っているわけではないので、在庫は少ないようです。お願いすればお取り寄せもしてもらえます☆

ようこそ北の大地の当クラブのWebSiteへっ。

 私はMandolin賊(敢えて誤変換)では無いので詳細は分かりませんけど、べっ甲ピックに関しては札幌に出向いたときに楽器屋さんを覗くという方も居た気がします。マンドリン専門店さんで通販で購入という手も有るようですね。実物を見れないので不安は有りますが、結局取り寄せと同じ上に専門店さんだから信用できる?なんて説もあるんではないでしょうか。プラスチック等のピックはそれこそお好みで、でしょうかね。

 はじめまして さんがどちらにお住まいかは分かりませんが、ご参考になれば幸いです。

貴重なご意見ありがとうございました。とっても参考になりました。
またマンドリンについて質問するかもしれませんが、そのときはよろしくお願いしますね。では。

この投稿コメントを削除

理由:当blogに無関係という訳ではなく、悪意が有る訳でも無さそうではありましたが、実質的にコメントスパムであった為 (by GrayFox)

こんにちは。道東フェス実行委員でプログラム係の正田です。
先日は釧路の練習お疲れ様でした。
サークル用のメルアド宛に演奏会のプログラム(パンフ)のファイルを送付しました。(Word版とPDF版の2通あります)
サークル代表者または出演者でしたらどなたでも結構なので、畜大出演者の名前表記、名前の載っていない人がいないかチェックして、ご返信ください。
訂正は8月3日(日)まで受け付けます。
よろしくお願いいたします。

2008.8.23に私宛にメール送りました?すみませんもう一度送ってください。第5回道東マンドリンフェスの連絡だと思うのですが、PCの調子がよくなくて内容が確認できません。よろしくお願いします。

CBC Chikudai broadcast circle
のものです。
相互リンクしませんか?
ttp://chikudaicbc.blog.shinobi.jp/

いずれ現在稼動中の部活HPのリンク集を作って、畜大の公式HPに貼ってもらう計画を立てています。
若輩者ですが、よろしくお願いします。

CBCさん、はじめまして。
畜大に放送部が出来たんですね。全然知りませんでした。
私も高校のとき放送部だったのでなんだか懐かしいです。

相互リンクはサークルで話し合ってから決めさせていただきます。
そのときはこちらからご挨拶に伺いますので。

畜大マンドリンサークル様
突然の書き込み失礼致します。
帯広のケーブルテレビ局、OCTVの田中と申します。
今回、番組出演の件で書き込みさせて頂きました。
可能であればメールにてご連絡していただけると大変嬉しいです。
詳細をお話できたらと思います。
何卒、宜しくお願い致します。

こんばんは。
まずはご返事遅れて申し訳ありません。

番組出演のお誘いありがとうございます。
サークルの代表の者に伺いますので少々お時間を頂けると幸いです。

お返事ありがとうございます。
お忙しい中、大変恐れ入りますが
ご連絡をお待ちしております。
何卒、宜しくお願い致します。

OCTVの田中です。
番組出演の件で書き込みさせていただいたのですが、
お返事をいただける前に、
他の団体様の出演が決定してしまいました。
今後また番組出演のお願いがありましたら書き込みさせていただきます。
失礼致します。

ご返信遅れてしまい申し訳ありません。
ブログの管理において私自身がバタバタしておりました。

今回中途半端な結果となってしまい返す言葉もございません。
以後気を付けますので、今後ご縁がございましたらこちらこそよろしくお願い致します。

帯広畜産大学マンドリンサークル様
突然の書き込み、申し訳ありません。福岡教育大学ギターマンドリンクラブの松岡と申します。今回ご連絡させていただきましたのは、楽譜の件でお伺いしたいことがあったからです。可能であればメールでご連絡していただけると大変助かります。よろしくお願いします。

松岡琴音様こんばんは。了解致しました!
連絡手段につきまして明日責任者の者に確認を取りますので少し時間を頂けると幸いです。

遅れてしまい申し訳ありません。
当サークルの部長がそちらのHPに記載されていますアドレスに連絡しますので、よろしくお願い致します。

帯広畜産大学マンドリンサークル
OMC Blog 管理人様

このページ、外部にも開放されておられるようなので、ぶしつけながら投稿させていただきます。
私、遠い昔(1971年?1975年)に畜大に在籍した者です。身辺整理をしていましたら、あなた方の第7回定期演奏会の録音テープが出てきました。

実は私、アイスホッケー部に所属しておりまして、マンドリンサークルには何のかかわりもありません。あったといえば、憧れの先輩女子がマンドリンサークルの部員だったということくらいです。そんな私が、なぜこのようなテープを持っているかと言いますと、当時話題の映画音楽のテーマをマンドリンオーケストラ用に編曲したことがありまして、その誼みで部長の山口さん(Gt.)から頂いたものです。

40年前の先輩諸氏の熱演、CDに焼き直して贈呈します。音源がカセットテープでダビングされたものですから、音響的には良くありません。あしからず。
どちら様宛にお送りすればよろしいでしょうか、迷惑でなければご返信ください。

  2014年10月15日 柳川則夫 (再送)

柳川様

返信が遅れてしまい申し訳ありません。
貴重な音源をありがとうございます!
先輩方の演奏を聴くのを楽しみにしております。

宛先についてですが下記の住所までよろしくお願い致します。
〒080-0834
北海道帯広市稲田町 西2線11
帯広畜産大学 マンドリンサークル 

ご連絡くださりありがとうございました!

帯広畜産大学マンドリンサークル
OMC Blog 管理人mulaji様

本日、ご指定の送付先宛て、CD-R(音楽CDフォーマット)1枚をクロネコメール便で発送しました。

前回投稿では第7回定期演奏会の録音と書きましたが、1974年11月30日に当時の帯広市民会館で行なわれた第5回定期演奏会の間違いでした。
また、同年11月初旬に催された大学祭でのミニコンサートのテープも見つかりましたので、最初のトラックに追加収録しておきました。ちなみに、当時は「マンドリンクラブ」と名乗っていたようです。

カセットテープのデジタル化に際して、曲(楽章)単位でトラック分けすべきか迷ったのですが、結局テープの片面25分程をまとめて1つのトラックとしました。以下CD-Rの内容です。

トラック1:1974年 第10回大学祭 マンドリンクラブ・ミニコンサート
司会:山口雅美、指揮:鈴木文明/吉田尚伴
1. 青い山脈
2. 野菊のごとき君なりき
3. 山獄詩
4. 映画パピヨンのテーマ
5. ゆく雲によせて
6. 帯広畜産大学逍遥歌

トラック2:1974年 第5回定期演奏会(J.S.Bach撰/テープA面)

トラック3:1974年 第5回定期演奏会(J.S.Bach撰/テープB面)

定期演奏会にむけてお忙しいご様子。演奏会の成功をお祈りします。頑張ってください。

 2014.10.27 柳川則夫
P.S. 学業にもお励みください。

柳川様

先週音源が届きました。聴いてからお礼を!と思っていたら案の定遅れてしまい大変申し訳ありません。
そして私自身、昨日やっと聴くことができました。
アップテンポでも丁寧な演奏で、一曲一曲綺麗にまとまっていて、聴き入ってしまいました。
当時自分と同じ大学生だった方々がこういった演奏をなさっていたというのはとても刺激になります。
是非後輩たちにも聴いてもらって励みにしてもらいたいと思います。

この度は音源を送って下さりありがとうございました!今後とも畜大マンドリンサークルをよろしくお願い致します。

帯広畜産大学マンドリンサークル
OMC Blog 管理人mulaji様

私も後日じっくり聴いてみて気付いたのですが、第5回定期演奏会は、どうやらライブ録音ではないようですね。当時、市民会館の音響担当者にお願いして録音した旨、山口雅美氏から聞いた記憶がありますので、たぶん演奏会とは別にスタジオで収録したのでしょう。そのあたりの事情は、当時を知る先輩方々に聞くしか確かめようがありません。

それと、第5回定期演奏会ではトレモロ奏法をまったく使っていませんが、マンドリン属の独奏や重奏では、ピック奏法のみという事もありなんでしょうか?ドイツ系のマンドリンオーケストラ(Zupforchester)では、ピック奏法が基本だと聞いたことがあります。いずれにせよ、トレモロで同音程の連続音を切り分けて弾くのは極めて困難のようですから、バロック音楽の「絡み合いの妙」を表現するために、演奏法がそのように指定されていたのかもしれません。

また、便宜的に「J.S.Bach撰」としましたが、ヘンデルの合奏協奏曲なども入っていますので、「バロック音楽撰」のほうが適正でした。それにしても、演奏レベルの高さには私も驚いてます。山口雅美氏のギターは当時からプロなみでしたが、今聴いてみると、マンドリンやドラも上手ですね。

なお、ミニコンサートの「映画パピヨンのテーマ」は、私が編曲したものですが、マンドリンの特質を活かしきれてない感じがして(今更ですが)反省してます。なにしろ、当時は、マンドリンとは「ピックで弾くバイオリンと同じ調律の楽器」という程の認識しかありませんでしたので・・・奏法とかアンサンブルの響きとか、もうちょっと勉強しておくべきでした。

2014.11.06 柳川則夫

帯広畜産大学マンドリンサークル
OMC Blog 管理人mulaji様

第5回定期演奏会の録音について、曲の並びが不自然でしたので、さらに良く聴き込んでみました。

その結果、どうやら後半は、リファレンス用に収録したプロの演奏かもしれませんね。あまりにも上手すぎますし、最後のほうに登場する特殊な楽器(特殊奏法?)はどう聴いてもプロの演奏です。それに、当時はマンドリンクラブが持ってなかったはずのマンドロンセロのような音も聴こえますし。

私の早合点で、あなた方の先輩の「名演」をでっち上げるところでした。テープのケースに「OZUマンドリンC」の記載があったので、そう思い込んでしまったのです。ごめんなさい。(当時は畜大をOZU:Obihiro Zoological University と略記していました。)

ただ、前半の何曲かは、第5回定期演奏会の録音のはずです。でなければ、この録音の存在とケースの記載と私の記憶の断片とが説明できなくなるからです。何曲目が境かは、あなた方で判断してください。

Mulajiさん、あなたのコメントをきっかけに間違いに気付くことができました。早めに訂正できて幸いです。ありがとう。

2014.11.07 柳川則夫

帯広畜大マンドリンサークル御中
初めまして。突然の投稿失礼いたします。
30年ほど前、帯広の地でマンドリンに携わっていた者です。
(OMCのOBではありませんが・・・)
不躾ですが、マンドリンの譜面に関して、ちょっとしたお願い事がありますので、もしよろしければ、メールを頂けましたら幸いです。
よろしくお願いします。

当サークル部長の石川です。返信が大変遅くなってしまい、誠に申し訳ありません。
まだ間に合う用事であればお伺いしたいのですが、ブログ内もしくは以下の連絡先までご連絡いただけませんか。
sacrament703@gmail.com

当サークルOG 沼山直子さん(H4卒)が、今年4/28にご逝去されていらしたとの事です。
取り急ぎお知らせいたします。
そして、今更ながら、謹んでご冥福をお祈りいたします。

突然の書き込み失礼いたします。

私ども同志社大学マンドリンクラブは、下記の通り北海道公演を開催する運びとなりました。
北海道で演奏させて頂くのは26年ぶりということで、部員一同熱心に練習に励んでおります。
ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご来場頂けると幸いです。

●日時
2017年9月8日(金)
18:00開場/18:30開演

●会場
札幌市教育文化会館 小ホール
(札幌市営地下鉄東西線「西11丁目」駅1番出口より徒歩5分、市電「西15丁目」停より徒歩10分、JRバス・中央バス「北1条西12丁目」より徒歩1分)

●入場料
1000円(高校生以下無料、要学生証提示)

●曲目
【I部】
◎交響的間奏曲(G.マネンテ/中野二郎)
◎序曲「フローラ」(G.アネルリ)

【II部】
◎グリーンスリーヴスによる変奏曲(寺嶋陸也)
◎序曲ニ短調(S.ファルボ)

【III部】
◎マンドリンオーケストラの為の海の行進曲(大澤壽人)
◎劇付随音楽「皇帝ボリス」より序曲(V.カリンニコフ/石村隆行)

●北海道公演のお問い合わせ先
メールアドレス:bep0286★mail3.doshisha.ac.jp(★を@に変えてお問い合わせ下さい)
マネージャー:小早

Comment





コメントでは以下のタグが使用可能です:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>